活動の歴史 活動日記

えもてなしの活動の歴史Vol.06「3人で始動!」(2018.8.26)

投稿日:2019年12月23日 更新日:

こうして初めてのメンバー「はるちゃん」が「えもてなし」に加わりました。
と言っても、まだこの時点で、メンバーは自分を入れて「2人」だけ。
事前に「チーム」を作るためのイメージ・プランは立てていたものの、いざこうして実際にメンバーが入ると、改めてこれからどうしようか…と考える。
まして初めてのメンバーは、それまで全く認識のない大学一年生の女の子。どのように接していいのか、まずそこからでした。
この時、自分が心に決めたのが
・メンバーに似顔絵のスキルや自分のアイデアを出し惜しみなく伝える
・メンバーには、「年齢」や「性別」「国籍」によって態度を変えることはせずに、誰に対してもフラットな態度で接する
・誰よりも自分が動く
上記の3つ。
年齢の離れたメンバーの子とコミュニケーションをして、信頼してもらうには「オープンであること」「公平・公正であること」「熱意を伝えること」
この3つを守ろうと心に決めました。
こうして自分は「はるちゃん」に似顔絵レクチャーを日々、仕事の合間や休日にリモートで行いながら、次の展開を考えました。
「活動の雰囲気やメンバーの顔が見えたら、”参加したい”という人が増えるはず…誰かもう1名、学生の子を加えよう。できれば次は…男子がいい。」
この年齢になると、大学生の知り合いなどいない。誰かいないか。。
すると、頭の中にあの「日本原付一周大学生」が浮かびました。
「そうだ!彼がいる。彼なら、この活動に参加してくれるはず!」
もちろん、彼は似顔絵は描けない。でも、彼の明るい人を惹きつけるキャラクター、行動力はこの活動に必ず活きる!
そう確信した自分は、あの「日本原付一周大学生」に連絡を取りました。
こうして「えもてなし」は、初めて3人での「チーム」に。その門出となった1枚がこの写真。
最初のメンバーは、「上京したばかりの大学一年生」と「日本原付一周の大学生4年生」。
今、考えてもすごいチームだなと思います。
「即戦力」という切り口だけで言ってしまえば、RPGのゲームで例えるなら「格闘家」や「魔術師」を仲間にせずに、あえて町の「村人」で「パーティー」を組んで、ボスとの戦いに挑むようなもの。
「結果」をすぐに求めるのであれば、まず「組まない」チーム。
でも、自分は「この2人なら半年…1年後は…必ず「えもてなし」の大きな力になる」と信じた。「輝く石」ではなく、まだ微かだけれども…でも確かに光る「原石」を自分は選びました。
この2人に「えもてなし」の活動でそれまで経験できなかったような「素敵な出会いと経験」をしてほしいし、させてあげたい。そんなことを、この時背中に映る自分は思っていた覚えがあります。
そして、あれから1年以上の時が経ち、今、写真に映っていた2人は、あの時の自分の想像以上に「多くの出会い」と「貴重な経験」を重ねて「成長」をしています。
なによりも、2人が今も楽しく一緒に活動をしてくれること。それが本当に嬉しいです。
2018年の真夏に初声をあげた「チーム・えもてなし」
その物語は、2018年の秋へ続きます。

-活動の歴史, 活動日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ranki Oberi選手(オランダ)へおもてなし✨

オランダのパラ 走り幅跳び代表 Ranki Oberi選手へ似顔絵のおもてなし♪ 嬉しいことにInstagramのアイコンにしていただきました! えもてなしでプレゼントした似顔絵をアイコンにしていただ …

<イベント・レポート>リトル・ママ・フェスタ(神奈川)さんのイベントに「えもてなし」が参加しました♪

2019.10.22(Tue)「リトル・ママ・フェスタ」さんのイベントに「えもてなし」メンバーで 似顔絵を描かせていただきました! 今回、これまで参加させていただいた中でも、過去最大規模のイベントで… …

【えもてなしメンバー紹介:英訳担当「さきちゃん」】

「えもてなし」メンバー紹介コーナー。 今日は、この春から、つくばの大学に通う大学院1年生の英訳担当の「さきちゃん」です! 昨年の6月から「えもてなし」に参加してくれた「さきちゃん」。 「えもてなし」の …

9/26(土)台湾アトレ内JP PLAZAさんで「えもてなし」似顔絵オンラインイベント開催

「えもてなし」が初の海外での似顔絵オンラインイベントを行います♪ 台湾の方々を笑顔にできるよう、明日は頑張ります! 関連

えもてなしの活動の歴史Vol.16「これまで出会った人たち」

「えもてなし」の活動を通して、今日までにたくさんの方たちと出会ってきました。 大学生、アーティスト、社会人、海外の方…その数は、数えきれないほどです。 自分が、この「えもてなし」という活動 …