インタビュー ステキ人インタビュー

ステキ人インタビューNO.002 世界中に友達を作る!「時間商人 くにゆーさん」

投稿日:

本日のステキ人のご紹介は、「世界中に友達を作る!」をコンセプトに沖縄で活動をされている”時間商人”くにゆーさんです。

くにゆーさんは「1つの依頼につき10円で自身の時間を売る」”時間商人”という肩書きで、ご活動をされています。

くにゆーさんがこれまで”時間商人”として受けた依頼は、実に40以上。依頼に関わった人たちは、なんと100人以上!(2020年5月現在)。

受けた内容は、引越しの手伝いや筋トレ指導、沖縄の案内、撮影の手伝い、話し相手になってほしい…などなど様々。

時間商人という”時”をきっかけに、子供からお年寄りまで様々な人に、お金では買えない”ひととき”を届ける、くにゆーさん。

今回は、そんな「ステキ人」くにゆーさんの活動やこれからの目標についてインタビューをさせていただきました。

くにゆーさんのInstagramこちら

”時間商人”を始めたきっかけ

”時間商人”の活動を始める前、県外から来た人に沖縄を案内する「おきなわ歓迎企画」というものを行っていました。

県外から来られた人のリクエストに応えたり、地元人でないと知らないようなオススメスポットやお店を紹介したり、みなさんに沖縄のひとときを楽しんでもらっていました。

「おきなわ歓迎企画」でくにゅーさんが、案内したカフェ&バー「cafe bar GoMe」での1ショット

「おきなわ歓迎企画」で案内したカフェ&バー「cafe bar GoMe」での1ショット

ある日「これからは県外だけでなく、県内の人も笑顔にしたい!」そう思い、始めたのが”時間商人”です。

2019年クリスマスから募集を開始して、2020年1月から「日給10円 時間商人くにゆー」として活動をスタートしました。

2020年から”時間商人”の活動をスタート

”10円”という価格設定への想い

時間商人を始めるにあたって「子供からお年寄りまで、誰もが依頼できる金額にしたい」という思いがありました。

子供でも依頼ができるようにするには、家でお手伝いをしたりして貰えるお金のことを考えると…100円だとハードルが高く、10円が適切だと思い、この価格設定にしました。

これまでに、くにゆーさんが受けた様々な依頼(一部紹介)

「県内の人を笑顔にするために」始めた”時間商人”の活動ですが、みなさんとの出会い・繋がりを通して、今では、自分が一番笑顔になっています。

依頼人との心に残るエピソード

どの依頼も印象に残ってますが、特に印象的だったのは、最年少の依頼人の小学生”あっくん”からの依頼です。

依頼内容は『キャッチボールの相手をしてほしい』

くにゅーさんの思い出に残る依頼『キャッチボールの相手をしてほしい』

くにゆーさんの思い出に残る依頼『キャッチボールの相手をしてほしい』

あっくんは自分に依頼するために、お家で手伝いをして貯めた大事な10円で自分に依頼をしてくれました。

その気持ちが本当に嬉しくて”10円”という金額以上の報酬を自分は受け取りました。

くにゅーさんの活動は地元紙でも紹介

くにゆーさんの活動は地元紙でも紹介

”時間商人”となった、くにゆーさんのルーツ

もともと学生時代から「世界中に友達を作りたい!」という強い想いがありました。

”どうしたら世界中に友達を作れるのだろう?”それが自分の原動力であり、その想いをモチベーションと行動力に変えて、今日まで生きてきました。

いつも自分には「世界中に友達を作りたい!」という思いがあり、それを実現させるために、日々さまざまな人との出会いを経験しています。

この”時間商人”の活動も、その目的を叶えるための1つです。

くにゅーさんが常に思っていること「世界中のに友達を作る!」

くにゆーさんの目標は「世界中に友達を作る!」

チャレンジを続けるために必要なこと

行動をする上で大事なことは、「失敗をマイナスと思わないこと」だと思います。

自分には「失敗」という感覚がありません。それは、何が起こっても大丈夫という確信を持っているからです。

今年考えていた計画も、コロナがあって遅れました。でもそのおかげでこうしてインタビューの機会をいただく時間ができました。

だから失敗ということは何もない…何が起きても前に進める。そう思って自分は、生きています。

くにゅーさんが影響を受けた佐々木さんとの1枚。“誰かのために何も考えず動け”ともらった言葉も原動力の1つ

くにゆーさんが影響を受けた人、佐々木さんとの1枚。“誰かのために何も考えず動け”佐々木さんからの言葉が、大きな原動力に。

今後の挑戦:国内1,000人と出会うため舞台は全国へ

今の目標は「国内1,000人と出会うこと」です。そのために、新しい挑戦を計画しています。

それは「キッチンカーで日本全国を走りまわる こども食堂」を実現させることです。

この計画は、全国をキッチンカーで回り、その土地のシェフや料理人さん、特技を持った方々などとコラボしながら、出会った皆さんに心あたたまる料理と楽しい時間を提供したいというものです。

日本全国を走り回り、たくさんの人と出会い、繋がって、日本中をキッチンカーで繋ぎ合わせていきたいです。

今は、今年中の実現を目指して動画クリエイターの仕事をしながら、準備中です。コロナが収束したら、一気に動いていきたいと思います!

実現にかかる費用はクラウドファンディングや県内の皆さんからの支援で集めていく予定です。みなさん応援していただけたら嬉しいです!

実現した際には、皆さんのお住まいの県へキッチンカーが行きます。ぜひ遊びにきてください!

最後に…くにゆーさんが思うステキ人とは?

人のために動くことができる人…それが出来る人は、ステキだなと思います。

くにゆーさん、ステキな時間をありがとうございました!

 

編集後記

時間商人…はじめて肩書きを見た瞬間から「この人はどんな人なんだろう?」と興味を持たずにはいられませんでした。

そして、Instagramに並ぶ、素敵な笑顔の数々を見ているうちに「くにゆーさんに似顔絵をプレゼントしたい!」という気持ちになり、まだお会いしたことはありませんでしたが、応援の気持ちを込めて、ファンレターのような似顔絵付きダイレクトメッセージを送ったのが、「はじめまして」の挨拶でした。

そこからやりとりを重ね「ぜひインタビューをさせてください!」と、くにゆーさんにお願いをして、今回、オンラインインタビューのお時間をいただきました。

お話しした、くにゆーさんは”頼れる街の人気者”という言葉がピッタリの想像通りの「ステキ人」でした。

どんな人も、どんなことも、あたたかく受け入れる大きな器を持つ背景には、「世界中に友達を作る!」という自身の強い想いがあることを今回のインタビューで感じました。

「世界中に友達がいる人ってどんな人だろう…」そんなことを思った時、世界中の人の頭によぎるのが、くにゆーさんであり、またくにゆーさんのような人であってほしい…そう思いました。

これから世界を繋げる、世界の人気者になる、くにゆーさんを応援しています!

まずは、キッチンカーで全国を旅するくにゆーさんに、お会いできる日を楽しみしています!

 

2020年5月16日 インタビュー by Zoom(カオノエ・さき・亮平・乃亜)

文・カオノエ

タイトルデザイン、似顔絵制作・カオノエ

-インタビュー, ステキ人インタビュー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

”アートで心の引きだしをひらく人”【アーティスト 新宅百絵さん】インタビュー後編

アーティスト 新宅百絵さんのインタビュー、後編。 インタビュー後編では、活動に至るまでのこれまでの道のりや、これからの夢をお伺いしました! 私はこれで、⽣きていく! −21歳の時に、お仕事を辞めて⾥帰 …

A place surrounded by nature that gives you special energy【Fishing Pond Musashinoen Mr. Aoki Daisuke】

ステキ人インタビューNO.001「ミヤケストラ(三宅恭介さん)」〜日本中のステキ人に音楽を届けるオーケストラ〜

本日のステキ人のご紹介は、日本中のステキ人に音楽を届けるオーケストラ「ミヤケストラ」のリーダー、三宅恭介さんです。 大学3年生から独学で始められた音楽のスキルを活かして、2019年からその人をテーマに …

“日本の本物の文化を体験してもらいたい” 【”Wakalture Experience”和香奈さん】

はじめに(プロローグ) ある日、インスタグラムを見ていると、とても楽しそうに書道と料理を体験している外国人観光客の写真が目に留まりました。 都内の教室で、楽しそうに日本文化を体験している外国人観光客と …

“Wakalture Experience offering real Japanese culture” 【”Wakalture Experience” Ms.Wakana】