えもてなしメンバー紹介002〜ハルカ(Haruka)〜

【えもてなしに参加したいと思った理由】
The reason why I’ve decided to join EMOTENASHI

私は現在、大学で「人とアートのつなぎ方」をテーマに学んでおり、アートが人をつなぐ媒体として機能することに非常に興味があります。ですから、この活動に参加したいと思った一番の理由は、似顔絵というアートのコミュニケーションツールとしての可能性を知りたかったからです。
また、私は以前、海外にホームステイに行った際、ステイ先の少年の似顔絵を描いたことで言語を超えて打ち解けるという経験をしました。その時に、似顔絵は世代や国境を越えて人をつなぐコミュニケーションツールになり得るのだ実感し、「似顔絵を描いて世界中の人とつながりたい!」という夢を抱くようになりました。
でも正直、自分でもその夢をどこかで無謀な考えかなと思っていました。そんな中、このプロジェクトの存在を知り、夢が叶うかもしれないという胸の高鳴りを感じ、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

I am currently studying about “connecting people and art” at University, and have interest in how art function as a media to connect people. The biggest reason why I wanted to join this project is because I wanted to know the possibility of portrait paintings as means of communicating tool of art. Also, when I went to homestay in abroad, I drew a portrait painting of a boy at the house I was staying, and that broke the language barrier and connected us. At that moment, I realized that portrait painting could be a tool to communicate and connect with people with different background, and generation. From this experience, I set a dream that “I want to connect with people from all over the world using portrait painting as a tool”. But honestly, part of me thought that dream might be a little impulsive. That’s when I came across this project, and I felt a rush of excitement that my dream might come true, and decided that I want to join EMOTENASHI.

 

【この活動を通してしていきたいこと】
What I want to accomplish with this project

現在、アートがより多様になり「アートはわからない」「自分には難しい」と遠ざけている人も少なくない中、似顔絵ほど親しみやすく、誰をも笑顔にすることができるアートは他にないと思います。だから、似顔絵をかけるようになって、世界の人々とつながるコミュニケーションツールを手に入れたいと考えています。そして、アートが国境を越えて人と人をつなぐ現場を実感したいです。ただ似顔絵を描いて渡すだけでなく、人と人との交流や、文化や芸術の相互理解も生み出す場を似顔絵で提供することができたら良いなと思います。さらに最終的には自分が、アートで人をつなぎ、アートと人をつなぐために何ができるのかを見つけるために、精一杯頑張っていきたいと思っています。

Now that the art is becoming more and more diverse, a lot of people feel that art is “too difficult”, “hard to understand” and keeps some distant from it. However, in situation like that, portrait painting has always been the most approachable art that makes people smile. So I want to be able to paint portraits, and use it as a tool to communicate with people from all over the world. And experience how art connect people beyond borders firsthand. Not only giving out portrait paintings, but I want it to be opportunity to connect people together, and to have better understanding of different cultures, and arts. In the end, I want to try my best to figure out what I can do to connect people using art, and to connect people and art.

投稿日: