えもてなしメンバー紹介001〜カオノエ(Kaonoe)〜

【私がこの活動を始めた理由】

テクノロジーの進化により、今、世界中の人とコミュニケーションができる時代になりました。
でも、コミュニケーションできるツールはあっても、異なる文化を持つ世界中の人とインターネット上で「心」と「心」で触れ合い、仲良くなるにはまだまだ壁があるのでは…と、自分は感じています。では、どうしたら世界中の人と繋がることができるのか?

自分が考えた方法は「絵」を通してのコミュニケーションでした。

「絵」を通して世界中の人とコミュニケーションをすることで、心理的なハードルを取り除き仲良くなる。そんな活動を日々行っていけば、やがて世界中の人と友好的につながることができるのではないか?そして、そこには、より良い未来へのヒントがあるのではないか?
そう思い、この「えもてなし」という活動を始めました。

この活動のゴールは2020年の東京オリンピックで個展を開き、世界中の人を招くことです。
そこにどんな景色が待っているのかは、まだ分かりません。
でもその景色は、今まで見たどんな光景よりも素晴らしいものになる…そう確信しています。

年齢や性別を超えて、より多くの方とその景色を一緒に描けたら嬉しいです!

2018年9月15日

Modern technology allow us to communicate with people from all over the world.
Although we have tools to communicate, I still feel that it’s not easy to communicate with each other’s “hearts” and understand each other on internet where people from all over the worlds with different cultures are.

Then how can we actually connect with people from all around the world?

My conclusion was to communicate through “painting”
By communicating with people from around the world through “painting,” it’s easier to break the ice and get to know each other well.
I started to think that by continuing activities like this, I may be able to connect with people from all around the world eventually.
And that I may be able to find clues for the better future.
These are the reasons why I started this “Emotenashi”

The goal for this action is to have exhibition at 2020 Tokyo Olympic, and invite people from all over the world.
I don’t know what kind of view I will be able to see there yet, but I’m certain that it will be the most wonderful view ever.

It will be my honor if I could paint that “view” with as many people as possible, despite the age, and sex differences.

Webサイト:kaonoe.com

投稿日:2018年9月15日 更新日: